お誕生日のお菓子教室ラクレムデクレム

2017年になって3冊目の本の出版の話

執筆決定。第二会議を通過。

さっき「出版」が決定しましたのご連絡。嬉しい!責任感。私の数年前の予感が的中。追い込みと執筆、両立頑張ります! 楽しみながら、頑張ってしまうタイプ。じっくり書かせていただきます!! (2017/5/26)

第一会議を通過。

さっき、携帯に見知らぬ方から留守電。なんと先日の出版社での、出版会議 1回目を通過したそうです! ちょっとドキドキします。 この夏は漢方医の受験勉強にあてるつもりでしたが・・・うわっとなりそうな気配・・・。こういうこともあろうかと、 早めに受験対策をしておりましたが・・・・・的中???今度の内容も私らしい内容なんで・・・実現するといいなあ。 (2017/5/12)

《●料理研究家のアシスタントを経て料理本を出版するまで》裏話♪

2017年4月6日記

本を出すまで。。と書きましたが、本当は本を出させていただくまで。です・・。私は26歳のころ、大企業にお勤めの 中で迷って転身しました。つまり・・・《コネなし》 です。やはり・・・ この場合・・・どうすればいいのか・・・全くわかりません。ネットなどない、情報は限られていました。 ・・・本も出してみたい・・・と思って得た情報が・・・

《本を出したことのある人のそばにいること》

でした。 今思っても、実際この現場に勝るプロの道へのお勉強はないですね。

・同じ立場の人の気持ちがわかると思っていますので、《アシスタント制度●お料理はこちら→》を設け、応援したいと思っています。

あれから・・何年?

今また新しい本をださせていただけるかも・・・

今回はこの間のNHKテレビ出演をご覧になってのお話し。今回はまだ出版社の会議を通らないといけない段階。 どうなるかわかりませんが・・・昨日うちのとなりのホテルでの打ち合わせ後・・・私が書けることリストを100お渡し。

素敵な料理の先生を見つけた!! と料理本の出版のプロの方に 言っていただいて

うれしかったです。 頑張ってみますね。

おもてなし料理教室のご予約と次回のメニュー

料理教室 個人 お料理教室お申込み  
JR京葉線 新浦安駅徒歩4分

  ラクレムデクレム
お料理教室
レッスン日
体験レッスンご予約受付け中。
1レッスン会員6,000円
(入会金20,000円有効期限なし)
(入会されるとフランス菓子教室も受講可)
1日体験7,000円
料理研究家 熊谷真由美のおもてなし料理教室は初心者さんの一日体験受付中

1日体験の方はこちらにご記入の上、
お申込みください。

(1日体験は
フランス菓子教室も1回できます。)

おもてなし料理教室のお問い合わせ

E-Mail
kumagaimayumi1@gmail.com

おもてなし料理教室1日体験受付中!


皆さん、遠方からもお見えです。 一日体験お気軽に。お目にかかれるのを楽しみにしております。
ラクレムデクレム
料理研究家
 熊谷真由美

おもてなし料理教室
 第4水木土日より1日ご予約

水曜
10h00
木曜
10h00
土曜
13h30
日曜
13h30

お知らせ

2017/05/111
一日体験受付中。NEW
2017/05/11
美味しい! 失敗しないコツを学びます!お重につめたおせち料理、お煮しめ|料理研究家のおもてなし料理教室|東京ベイ 千葉県浦安市
2017/05/11
先生は
プロの料理研究家
料理研究家 熊谷真由美の料理教室

《NHKテレビ出演》撮影裏話♪

2016年12月15日記

2016年12月10日《NHKおはよう日本 くらしり》にテレビ出演させていただきました。 新聞の撮影もあるバタバタする週に撮影。前日まで撮影内容についての打ち合わせが繰り広げられました。放送時間は5分ということで・・・ 撮影時間は4時間。

「最近はインスタグラムなどのSNSでおしゃれなお料理をつくることが流行っているので、綺麗なお料理をつくるコツを教えてください。 科学的な説明をしながら・・・」

というご依頼。新聞のテレビ欄でも《つくりおき料理のコツ》ということで、----とっても今!な内容でした。 カメラさんたちスタッフ5名が見えて、女性リポーター上村さんと一緒にお料理を作りました。 フォトジェニックでサイエンス!いつもの私でよかったのでとっても楽しかったです。スタッフさんからも撮影は4時間で明るいうちに終了したのですが・・ 「とっても手早いですね。こんなに早く終わったのはじめて。」と言われました。同じセリフをいつも言われます。 アボカドの変色をふせぎつつ、おしゃれに。リンゴも薔薇にして・・・・。(今流行っているリンゴの薔薇ですが・・・私が3年前に雑誌で薔薇のタルトサレとして発表したときは、 ググっても出てこなかったのですが、以来拡散いただいています。) 撮影後も科学資料をお渡ししたりと、いろいろいつもと違う経験でした。スタッフさんから
映像画像がすごく綺麗で感動しながら編集しています。と嬉しい言葉をいただきました。 撮影終了後、私もやっとインスタグラムを始めました。 !!

	料理教室主宰の料理研究家 熊谷真由美NHK出演。アボカドとリンゴの変色しないコツ 	料理教室主宰の料理研究家 熊谷真由美NHK出演。アボカドとリンゴの変色しないコツ 	料理教室主宰の料理研究家 熊谷真由美がNHKにTV出演 	料理教室主宰の料理研究家 熊谷真由美がNHK

2016年9月11日記

《カヌレ》本 出版しました~

先日カヌレ本を2016年9月9日発売しました。出版依頼のお話しは飾り切の撮影最終日というタイムリーな時期に。 カヌレの型。。。。短期間にたくさん焼くので型もたくさん揃えました。銅・アルミ・テフロン・ステンレス・シリコン・・・ほぼ手に入る全種。 初日の撮影スタッフがくる前のカヌレたちの写真もちらり。こんだけつくったよ~という記念撮影ですね。今回カヌレが全部黒いと面白くないので、あえて、焼き色にバリエーションをつけ、味わいも微妙な焼き時間や配合もこだわりました。 なので全部違う味になっているのが特徴です。

白カヌレ・・・

がブームになると面白いなあと思って・・・います。カヌレタワーは最終日に。一番基本のカヌレです。 暑い中、1品オーブン1時間ほど・・・。しんどかった~。気合をいれてがんばりました。
カヌレの沢山のバリエーション。おまけのレシピも力はいっております!! !!
カヌレのタワー|料理研究家の料理教室 熊谷真由美のラクレムデクレム カヌレの型|千葉県浦安市の料理教室 熊谷真由美のラクレムデクレム カヌレ本撮影の朝|千葉県浦安市のフランス菓子教室 熊谷真由美のラクレムデクレム

2016年8月5日記

《飾切り大全》 出版しました~

1月に提案するレシピをカフェでまとめていたのが懐かしいです。今回の本が256ページなので、出版社さんに選んでもらうには最低でも倍は用意して臨みます。 今回は特殊な内容で、かつ数があまりにも多かったため、1.3倍くらい用意。 (ほぼ全部採用みたいな感じ) 出版社さんは、京都からお見えになって最初の打ち合わせ。2回目もその予定だったのですが、 諸事情により急きょ電話とネットで・・・打ち合わせ。なんと便利になったんでしょう。 今度は内容が決まれば、撮影までにレシピを提出します。出版社とのイメージとの ずれがないか撮影前にきちんとすり合わせします。 これがまたすごい量で・・・・・。気合をいれてがんばりました・・・。 2016年8月4日発売しました。
タイトル通り、私自身のバイブル本になりそうですが・・見ているだけでも・・すごく楽しいです!!
一生使える!季節の飾り切り大全レシピ|千葉県浦安市の料理教室 熊谷真由美のラクレムデクレム PHP研究所 【一生使える!季節の飾り切り大全】 飾り切り レシピ本|千葉県浦安市の料理教室 熊谷真由美のラクレムデクレム
>

2016年 7月1日記

連載 雑誌の撮影

の1年にわたる 連載 世界文化社の雑誌 別冊家庭画報【レクリエ】
の 最終号の撮影がありました。 今日は撮影中の写真を撮り忘れていることに、終わってから気が付きました。 なんせナーバスな食材ばかりで・・・、7月の暑いクーラーガンガンの中、バレンタインのチョコと生クリームのクリスマスの お菓子と 詳細プロセス撮影と続き、ひとりで切り盛り。バタバタしていたので カメラのことは抜けてました。でも今朝、 撮影小物を並べながら、「なんてミスマッチな!」と思って撮った写真です。ひまわりとサンタさんのコラボです。 料理教室主宰の料理研究家が本を出すまで|料理研究家の料理教室 熊谷真由美のラクレムデクレム 「 先生大胆!ウイーンで買った布をはさみで切って使うなんて!! 」 」 本日のこの撮影で 今年の大きな山が終わりました~。1月から今日までレシピ本2冊と雑誌連載1冊と撮影について毎日考えていましたが、 ひとまず安堵できそうです。いろいろ、後回しになっていることが山積みなので、そちらもぼちぼちしていかないと。今回はクリスマスとバレンタイン・・・半年以上先取り。 雑誌はすごい先取り過ぎて・・・・前回はスイカの入手に苦労し、今回は苺の入手に苦労し。撮影前はドキドキしてストレスでいっぱいになっているのでしょう。 いろいろどうにかする精神も鍛えられました。


今日も出版社さんたちが、「このデコレーションの法則を知ればだれでも綺麗に飾れるね~」とほめていただきました。 そうなんです。盛り付けはセンスではないのです。法則さえマスターすれば・・・よいのです。(レッスンで伝授中) 】
カメラさんは前回の。 料理教室主宰の料理研究家が本を出すまで|料理研究家の料理教室 熊谷真由美のラクレムデクレム

2016年 7月1日記

●●のお菓子の本の撮影風景3(最終日)

私にとって16冊目の本、お菓子のレシピ本の撮影3日目。 終わりました~。これはブツどり風景と表紙の撮影景。今回は撮影スタッフが気の合ったベテランのユニットさんの中に私を入れてもらった感じでした。 すごく冗談が飛び交う楽しい、でも厳しい、撮影でした。今回最終日は8品の撮影。表紙も2パターン撮るという初めてのケース。 今まではよくできた1枚を使う感じでしたが・・・・。表紙の力の入れようが半端ではなく・・・またもや1時間以上かけて、小道具・大道具が登場し。


最後に「今度また本をお願いするときには、断らないでください!」と言っていただいて・・。この業界、次が続くということは、一応、合格ということ。
ひとまず安心。あとは、原稿を数日中に提出しなきゃ。 料理教室からレシピ本を出版|料理研究家の料理教室 熊谷真由美のラクレムデクレム 今回は朝一番で(疲れていなくて、化粧も崩れていないとき・・・・)に顔写真を撮ってくださいました。コンタクトをやめ、メガネっ娘になっている(娘か??) 最近。赤メガネとメガネなしで撮っていただきました。どちらが採用になるか。。。これも楽しみ。でも何回とっても顔写真が苦痛の種・・・。 3回の中で一番緊張した撮影前日でした。本の発売は9月9日。もうアマゾンで予約受けている・・・気の早さ。レシピ提出はこれから~。がんばろっと。 料理教室主宰の料理研究家が本を出すまで|料理研究家の料理教室 熊谷真由美のラクレムデクレム

2016年 6月16日記

●●のお菓子の本の撮影風景2

私にとって16冊目の本、お菓子のレシピ本の撮影2日目。 これはブツどり風景と表紙の撮影景。1時間以上かけて、写るものを変えながら・・・表紙の写真を 何パターンも入念に取ってくれた。スタイリングがすごい小細工、大細工をきかせてくれて・・・。副編集長さんもご挨拶に見えた。こんなの16冊目にして 初めて! 今回はいつにない、皆さんの””期待””という、プレッシャーに負けずに・あと1回。 料理教室からレシピ本を出版|料理研究家の料理教室 熊谷真由美のラクレムデクレム 今回2週間ぶりの スタッフがこれまたアットホームでなごやかで。私の作るものに安心してくださってる証でもあるから・・・・。ちょっと これにはホッとした。 料理教室主宰の料理研究家が本を出すまで|料理研究家の料理教室 熊谷真由美のラクレムデクレム

2016年 6月2日記

●●のお菓子の本の撮影風景1

2016年6月1日。私にとって16冊目の本になる、お菓子のレシピ本の撮影1日目。ラスト1品、完成品撮影風景。 私のお菓子はラクレムデクレムのお菓子でもある。●●は出版後記入。今はまだ秘密。 今日はスーパーでポルシェに乗って通われていた 年上のYさんに1年ぶりくらいにばったり。「あっ、先生。いつもお世話になっております。」いつも??・・あとでスーパーの中を探して来てくれて・・・ 「いつも先生のレシピを見て料理しているので・・・いつも・・・だったんです。いつも思い出しています。」ありがとうございます。 Yさんはかねがね「先生に会うといいことが必ず起きるんです」といってくださっていた。私にとってもそう。撮影も頑張らなきゃ。 料理教室から本をだす|千葉県浦安市の料理教室 熊谷真由美のラクレムデクレム

●●のお菓子の本の撮影風景2

撮影の前は試作やレシピうちやらでドタバタします。 当日はカメラマンさんの写真やスタイリストさんのスタイリングにワクワク。 レシピ本出版|千葉県浦安市の料理教室 熊谷真由美のラクレムデクレム

●●のお菓子の本の撮影風景 3

ホームページに掲載しているキャラクターと同じ恰好で作業する私。 あのキャラクターのモデルは私。イメージ年齢30歳でお願いしましたので・・・・ あしからず・・・。まだ1回目の撮影、まだまだ残りの撮影頑張ります。 レシピ本を出す|料理研究家の料理教室 熊谷真由美のラクレムデクレム 料理研究家のレシピ本出版まで

●●のお料理の本の撮影風景1

レシピ本撮影|料理研究家 熊谷真由美のおもてなし料理教室 レシピ本撮影|料理研究家 熊谷真由美のおもてなし料理教室

2016年3月18日記

●NEW●
●料理レシピ本の撮影無事終了●

からレシピ本が出版されます。

=5日にわたるレシピ本の撮影も先日無事終了=

今レシピの原稿を大急ぎで書いております。

ベテランの大人気のカメラマンさんとベテランの大人気のスタイリストさんに素敵なページを撮影していただき、早くも出版編集部では 【大絶賛!】いただいているそうです。私にとっても素敵なバイブル本になりそうです。。 詳細のちほど。

  1. 熊谷真由美のラクレムデクレム
  2. プロフィール
  3. レシピ本を出版するには