1. 熊谷真由美のラクレムデクレム
  2. 料理教室
  3. サロネーゼ 起業 教室運営

●←フランス菓子教室はこちら

→おもてなし料理教室はこちら→●


お教室の3つ折りリーフレットを自作して印刷会社へ。2社比較

aラクスルとプリントパックの比較

 

ずっとパソコンで自作して来たお教室のパンフレット。お教室を起業した最初(20年前)は、パソコンはなくて・・・・ワープロの時代・・・・写真とかいれる技もなく 文字びっしり。それがそのままワード原稿になり・・数回の手直しをして・・写真をいれ・・・・。20年前からマイナーチェンジくらいだったので・・・。
今回 名刺を新調 するのをきっかけに サロンのロゴもプロにリデザイン してもらいました。
素敵なリーフレットをみるうちに このまま頼んでしまおうかと思ったのですが・・・。テンプレートにいれないでおおもとのデザインから考えたい!!ということでパソコンの、無料ソフトの ペイントワード原稿でつくってみました。頼んだのは ラスクルとプリントパック。 今印刷にはいりました。仕上がりを比べてみたいと思います。





名刺の新調とサロンのロゴのリデザイン

お料理教室 起業、ブランディングのショップカードをつくる 料理研究家のお料理教室のロゴ
お料理教室を始めたときから使っていたロゴをプロのデザイナーさんに2016年リデザインしてもらいました。 (ロゴの由来はこちら) 黒地ラクレムデクレム

自分ではこうしたいな~というのを、このHPも含めて すべて・・・自力でやってきました。でも専用のプロのデザインソフトを使いこなせないので・・・思い切って依頼しました。 本当のきっかけは。。名刺の新調・・・です。ずっと紀伊国屋さんで活版印刷でつくっておりました。地味な地味なものです。 たくさんお仕事してきて。。。 1000枚近く名刺が集まりました・・。 懐かしく思い出してみて・・・・20年も前だと何のお仕事で一緒だったのか。。。 思い出せないカメラマンさんなど・・多数。 ・・・ はっと思って、きっと私の名刺も同じだあ。。。と気が付いたのです。

思い出してもらえる名刺を作ろうと・・・・。



今のは地味な割には、結構して、和紙製で名刺の原価1枚100円。 こだわるなら紙質でなく・・・せっかくなのでプロの女性デザイナーさんに出会ってお願いしました。 私自身レシピ本で、デコロールケーキなどデザイナーさんとの打ち合わせが必須のお仕事を何度か・・・・ やっぱり【女性】 らしさというものは。。。出るなあと実感。。女性目線の可愛いが共有できるのは、やはり・・女性。 デザイナさんだったので名刺を作る前にロゴをつくって いただきました。気持ちも初心に戻って、やる気が湧いてくる名刺です。

(名刺はお教室のパンフレット請求すると一緒にお送りしております。)

カードはお教室の【20ポイントでデコロールケーキをさしあげるポイントカード】にも活用。




*

お申込み・お問合わせはこちらより

kumagaimayumi1@gmail.com
〒279-0011 千葉県浦安市美浜
東京駅から20分の東京ベイ(千葉県)新浦安駅前

料理研究家 熊谷真由美ラクレムデクレム