Simple Site

=料理研究家  熊谷真由美 愛用品

料理研究家として、愛用している調理道具や調味料・テーブルコーディネイトのグッズなど。


英国製の純銀製ティセット|千葉浦安市県のお菓子教室 秋田県大館のわっぱ|千葉県浦安市のお菓子教室 熊谷真由美のラクレムデクレム 料理研究家の愛用品 ベルナルドの珍しいリモージュ焼き|浦安市の料理教室 熊谷真由美のラクレムデクレム 料理研究家の愛用品 有次の桜の抜き型 |浦安市の料理教室 熊谷真由美のラクレムデクレム フランスのみの市のキャンドルスタンド|千葉県浦安市の料理教室 熊谷真由美のラクレムデクレム パソコンで作るオリジナルのラッピングシール|千葉県浦安市のお菓子教室



2016年9月30日記


調味料入れはWECK!



可愛い!ジャムの瓶WECK。もちろんジャムをいれるときにはオレンジ色のゴムのパッキンをつけての利用もありですが・・・。ふだんの 調味料はこれに入れています。雑貨風にも見えますが・・・・。 料理研究家としましては・・・ 可愛い前にまず実用性。 デザインと実用性の両方を要求して揃えています。調味料入れとして求めるすべてをそろえているWeck。

邪魔にならずに小さくてスタキングもできて、中身がみえて、すぐにフタがあく

のがポイントです。 Weck はリサイクルガラスを利用してエコな感じも好きです。ガラス製のジャム用なので熱湯消毒もできますので、清潔に使えます。


調味料入れはWeck|おもてなし料理教室主宰の料理研究家の愛用品


2016年9月30日記


フランス製のクープナイフ



この替刃にホルダーを差し込むのを初めて見たときはちょっと怖い感じ!でしたが・・・。 パリのプロ用調理道具展モラで昔買ってきた 《クープナイフ》、最近プライベートで自家製天然酵母のシロワッサンを焼くときに愛用しています。 今も昔も料理研究家に求められるスタンスは”誰でもできること”。そのためにプロ向けの道具など持っていても使えないのです・・・。 でもプライベ―トでは、ガンガン使っています。替刃付の方がお得です。
製パン用の業務用クープナイフ。|おもてなし料理教室主宰の 料理研究家の愛用品 製パン用の業務用クープナイフ。|おもてなし料理教室主宰の料理研究家の愛用品

緑の柄のクープナイフ


こちらももちろん持っています。昔は紺色だったのですが。こちらは取れないのですが、 カバーがついているので安全。 MATFERの文字も入っています。比較してみると、1枚の刃にしては割高なのと、ホルダーの差し込む場所でカーブを 自分好みに調節できるので、プロのパン屋さんは白いのを使っていました。 今の時代100均のカミソリやデザインカッターなどでも代用できるとは思いますが・・・。 プライベートではこの刃のある限り・・・使っています。替刃を見るたび・・・《スケバン デカ》って思います(古ッ!)



2016年9月1日記


普段使いのフランス製銅鍋キャセロール!


銅鍋??フランスでは可愛い雑貨屋さんにも銅鍋が売られています。 最近は銅のお鍋なんて知らない人も増えて、これなんですか?と聞かれることもある銅のお鍋。もともとプロ用のお鍋なので、 (これと↓同じシリーズ) フランスのレストランでは普通に使っていました。お手入れ法も手軽だったので 眠らせないで 普段に使うことにしました。フランスでは白い陶器とあわせてあることが多いのですが、白に銅色ってめちゃくちゃ可愛いんです。 でもほっておくとすぐ、色が変わります。熱伝導がいいプロのお鍋、フランスからたくさん買ってきています。少し重いので今のうちに?! 使いこなしていきます。

銅鍋と白が可愛い

のをキープするのにちゃんと磨かなきゃ。 磨き方(塩とお酢をつけて軽くこするだけ)・・・簡単でしょ?

	ふだん使いのフランス製銅鍋。|料理研究家のおもてなし料理教室 熊谷真由美のラクレムデクレム


2016年8月31日記


ルクルーゼのポットスタンド・・白く塗りました!


「これもルクルーゼ?!」そうなんです。フランスのルクルーゼはいろいろ出しているんです。 20年前には、お鍋以上に高いものではありましたが。。。こんなにはしなかったですが(↑楽天)、ルクルーゼのお鍋収納棚にあこがれて購入。当時は青と緑とオレンジしか色がなくて。 青を買ったんです。どっしりしていて角にはいるのでとってもいい、見せる収納のポットスタンド・・・・。 最近この青が重く感じて・・・白を買う?と思って調べてみれば、 白はないようですし・・・・。あこれ、こんなにした?と思いとどまり、DIYで色を白くして・・・この夏塗りました。なんか雰囲気ががらりと変わりました。 白くなった

Le Creuset ルクルーゼ ポットスタンド 5-Tier Cast-Iron Cookware Stand

またまたよろしくお願いします。

Le Creuset ルクルーゼ ポットスタンド 5-Tier Cast-Iron Cookware Stand|料理研究家のおもてなし料理教室 熊谷真由美のラクレムデクレム

2016年8月27日記


調味料のお洒落な収納はワイン箱


「生活感がないね!」そう言われることが多いのですが、この調味料いれも一役買っているでしょう。 調味料の出し入れはまず腰の位置で・・・。シンクの下とかは大変なので。煩雑にならずに置くには箱ですね。しかも天然素材の木。ワインの箱なんか・・・・ フランス語がついていいじゃないですか・・・。ということでうちではこれに入れています。このワイン箱は恵比須のフレンチレストラン ロブションで働いていたときに、 ソムリエに頼んで譲ってもらったもの・・。

マルゴーのグランクリュのシャトー、cantenac brown 1992。

とすごいワインの箱です。図らずも1992年は私が公民館で料理を教え始めた記念すべき年。いきなり24名の前で、緊張しながらデモンストレーションと 実習形式でスタートした初心の年。さすがにこの箱も年季がはいり白木が赤くなってきたので、この夏白ペンキを少し塗りました。水性のペンキをすごく薄めて塗るとこんな感じになります。 隣はお気に入りの

無印良品の冷蔵庫.

写真にロゴがはじめて入りました。

調味料収納は冷蔵庫隣のワイン箱|料理研究家のおもてなし料理教室 熊谷真由美のラクレムデクレム

2016年6月27日記


洗剤ボトルのホワイト化=白ボトル+モノトーンラベル効果=


「生活感がないね!」と中学生のころから言われている私・・・。(ちゃんと生きてますよ。)。 お料理教室でもたびたび言われます。よく見れば、気になるところたくさんあるんですけどね。 でも意識しているのは・・・・ 洗剤の無印化!食器洗い編はまたご紹介しますが・・。できました。お掃除編のラベル、 早速はってみました。他にもラベルをつくりたいと思いましたが、まずは明後日の撮影の後です。 替えボトルは今までいろいろ試しています。学んだことは、ボトルだけで買うのは、 ハズレるし(すぐ壊れる、出にくい) 特に、ハイタ―はフタがすぐ割れるということ。 ならば 市販品を使いっ切ったもの の再利用が使いやすさという点では納得済みですし、何よりも壊れても惜しくないです。 でもオールホワイトや透明は意外とないので、日々まめに要チェックです。写真は ラベル貼りたての クエン酸と塩素系漂白剤です。OXIはまだ。パソコンの無料ソフト、ペイントで作っています。簡単なので、 ラベルの作り方ものちほど紹介しますね。 完成したら配布も検討中。梅雨時期のお掃除モードでした。

洗剤ボトルのホワイト化|料理研究家のおもてなし料理教室 熊谷真由美のラクレムデクレム

重曹の魅力=梅雨の洗濯=消臭効果=

昨晩つくったシール、重曹に貼ってみました。ベーキングソーダ。私が使っているのはアーム&ハンマー社の食用。昔「重曹のムック本の表紙」にも 載せてもらったくらいに、重曹使いには年季はいっています。おうちの掃除洗剤のスリム化ができ、効果がすごいのですよ。 今回は梅雨時なので、=消臭効果=についてご紹介します。まず、基本の使い方として・・・生ゴミのごみ箱にふりかけたり、排水管にかけたり・・・。消臭グッズでありながら、排水管はヌメリが除去できるのです。 私は洗濯時にも石鹸洗剤と合わせて使います。よく落ちる&消臭できます。前にネットの質問箱で読んだのですが、 「部屋干しの消臭効果だけでなく、あきらめてていた家族の衣類そのもの消臭もできた」と大絶賛されて いました。消臭力はすごいようです。使ったあとの液体(重曹水)は洗濯機の掃除にもなります。よく見えない部分のカビとり掃除として、 重曹水を回すというのがあるくらいなので、普段使うだけ、カビもつかなくなっているようです。地球にやさしいのに効果が多岐にわたるので手放せません。 重曹の使い方(消臭効果)|料理研究家のおもてなし料理教室 熊谷真由美のラクレムデクレム

パソコンでつくるDIYラベル=ハウスキーピングの洗剤=

撮影も近くなると、現実逃避・・・??今回はハウスキーピングの洗剤につけるラベルをつくってみました。 私は根っからのナチュラル志向で、 いわゆるロハス系。合成洗剤はあまり使わず、手作り石鹸、重曹、クエン酸でお掃除をするのが基本。 最近、酸素系漂白剤が気になり、本日それがOXI CLEANだとわかり、早速注文しました。気が早い私は、まだ来ないのに ラベルをつくってスタンバイ。使用感などはまた今度ご紹介しますね。 掃除洗剤に手作りラベルをはる|千葉県浦安市の料理教室 熊谷真由美のラクレムデクレム

tableサンプル

INDEX

クリストフルの銀製カトラリ マルリー

●クリストフルの銀製カトラリー パリのコルドンブルー料理学校でグランディプロムをいただき、 ミシュランのレストランでお菓子と料理の修業を終えた私は、自分へのご褒美、そして 料理教室を主宰する決意として パリのクリストフル本店の扉をたたきました。
エリゼ宮などで使用されるフランスを代表する銀食器のメーカー、 クリストフル。 私が選んだのは、可愛いロココ調の【マルリー】。 テーブル用・お菓子用など16人分をフルセット購入。 以来、銀のお手入れの仕方で取材を受けることもある、 錆びない お手入れ法で綺麗に使っています。
料理研究家の愛用品 クリストフルの銀製カトラリー|浦安市の料理教室 熊谷真由美のラクレムデクレム

アニョの焼き型(フランス アルザスのスフレンハイム製)

パスカル アニョの焼き型|千葉県浦安市のお菓子教室


  1. 熊谷真由美のラクレムデクレム
  2. 料理教室を主宰する料理研究家の愛用品