=バターを使わない海老のマカロニグラタン=のレシピ

Macaroni gratin

読売新聞にて掲載いただきました
=バターを使わない海老のマカロニグラタン=のレシピをご紹介

千葉県で
おもてなし料理教室
ラクレムデクレム
@東京ベイ 主宰
料理研究家 熊谷真由美のブログへようこそ。

●2015/2/移動記事●
本日、読売新聞 くらし面にて、
バター不使用の海老のマカロニグラタンのレシピをご紹介させていただきました。
そう先月のお教室でレッスンしたパスタをアレンジしたもの。お教室でも海老のマカロニグラタンもできますよ~とお話ししていたら、取材がきました。お菓子のお話しもしたのですが、そのあと、同じような内容を他の方からも伺ったみたいです。

バターがなければ・・
・タルトはクリームチーズで代用ができます。
・シューは、サラダオイルで
・スポンジはいれないか、サラダ油や太白ごま油で代用する。
などなど・・・。

ふだんバターが理論的に不使用でできるのなら、いれない主義の私。
はじめて耳にする方は、びっくりの内容だったようです。

新聞では詳細が載らなかったので、
よろしければ
こちらと合わせて作ってみてください。

記者さんが、「美味しい~。バターがはいらないのに普通のグラタンじゃないですか???」と不思議がられていました。(ふふ・・。真由美マジック)

2015年2月24日読売新聞掲載していただいた、バターを使わないホワイトソースでつくる=海老のマカロニグラタン=のレシピ

2015年2月24日読売新聞掲載していただいた、バターを使わないホワイトソースでつくる=海老のマカロニグラタン=のレシピ

=バター不使用の海老のマカロニグラタン=
2人分
海老200g
玉ねぎ1個
マッシルーム小1缶
白ワイン大3
マカロニ100g

【バター不使用の
ホワイトソース】
水100ml+薄力粉50ml
牛乳400ml
固形ブイヨン1個
ピザー用チーズ70g
こしょう

1)
海老は片栗粉大さじ1をかけてもんで洗う。(2回)
玉ねぎ微塵切りを水大3をかけて炒め、海老を加え白ワインをかけて蒸し焼き。マッシルームも加えて汁気がなくなるまで煮詰める。

【バター不使用の
ホワイトソース】
大きめのボールにいれた薄力粉に水を加えながら泡立て器でよく混ぜる。牛乳400mlを加えサラサラになったら固形ブイヨンとともに鍋に入れる。
中火で鍋底をさすりながら、トロミがつくまで火を通す。チーズ塩こしょう。完成。

8カップのお湯に塩大さじ1を入れてマカロニを表示時間よりやや長めに茹でる。

①②と混ぜ耐熱容器に。
オーブン220℃10分(焦げ目がつくほど)

2015年2月24日読売新聞にて千葉県でお料理教室 主宰の熊谷真由美のバターを使わない海老のマカロニグラタンを掲載していただきました。

2015年2月24日読売新聞にて千葉県でお料理教室
主宰の熊谷真由美のバターを使わない海老のマカロニグラタンを掲載していただきました。

バター不足。ラクレムデクレムは必要なときしか、バターを使わないので、洋食のお料理教室でも全然困らない・・・。

バター不足。ラクレムデクレムは必要なときしか、バターを使わないので、洋食のお料理教室でも全然困らない・・・。

では。

Follow me!

料理教室・お菓子教室ラクレムデクレム千葉新浦安