秋を感じる秋の手づくりフランス菓子!

おもてなし料理教室 1日体験 随時受付中

1日体験レッスン

最新ブログ・会員サイト

お菓子教室ラクレムデクレム料理研究家 熊谷真由美

フランス菓子には秋を感じるお菓子がいろいろあります。マロンや林檎を上手につかったり・・・・。このページでは フランス菓子教室でレッスンした、秋を感じるお菓子をご紹介します。秋には、大切な方と 秋を感じる手作りのお菓子で美味しい楽しい時間Temps*Convivialを過ごしてみませんか?

実りの秋を楽しむフランス菓子で
楽しい美味しい時間

フランス菓子教室
Lesson Photo
おもてなし料理 教室
Lesson Photo
フィユ・ドートンヌ

フィユ・ドートンヌ

フィユ・ドートンヌ<Feuille d'Automne>は秋の葉っぱ。つまり、秋の落葉の意味。秋を楽しむお菓子。

フィユ・ドートンヌ自家製マロンを作ってムースに仕立てました。栗を煮ている間もマロンとバニラのいい香りが広がります。食べる前から楽しめるって、 手作りの特権ですよね。

フィユ・ドートンヌこのマロンの風味たっぷりのマロンモースを着飾っているのは・・・・なんと板チョコレート。

ラクレムデクレムお菓子教室では、なるべく取り寄せしないで本格お菓子をつくることにしているんです。 製菓用のクーベルチュールがなくても、明治の板チョコレートでデコレーションできちゃう。 フィユ・ドートンヌ

ルノートルのフィユ・ドトーヌのチョコレートの飾りは結構シャープで男らしい!!!なので私は女らしく、ゆるく巻いてみました。 バラにも見えますね。このオリジナルのチョコレートのメソッドは、ラクレムデクレムお菓子教室では、基本メソッドになります。 覚えてしまうと、とっても素敵に手づくりお菓子がドレスアップできるので、私のお気にいりのメソッドです。

飾りチョコ【フリル】テンパリング不要の本格!レシピ・作り方

大きく1台作ったフィユ・ドトーヌはこちらでご紹介。 チョコレートのお菓子!レシピ・作り方

ムースのお菓子作り方
フィユ・ドートンヌ

おすすめ

自家製マロンペーストでつくるモンブラン

自家製マロンペーストでノンバターなモンブラン

フィユ・ドートンヌ<Feuille d'Automne>には自家製マロンペーストをいれます。 こちらのモンブランは、そのマロンクリームを主役にしたお菓子です。

甘栗をミルクで煮てペースト状に。バターも生クリームもつかわないで、絞り袋で絞ります。

自家製マロンペーストでつくるモンブラン

お店のモンブランは押し出し式の機械でしますが、手作業ですると意外と力がいりますね。

モンブランクリームをきれいに絞るコツは・・・・スソ。きちんと下までクリームが絞れたのを確認してから、上に戻すこと。

そうしないと上だけクリームでバランスが悪いです。絞りながら全体のバランスを確認します!!

この栗のクリーム、フランス製のサバトン社のマロンクリームと違って、和栗のような風味が強く、しかも甘さ控え目です。 ギルトフリーなマロンクリームです。甘栗なら一年中つくることができます。

同じマロンクリームでつくったモンブランとフィユ・ドートンヌ2019年11月のレッスンでは自家製マロンクリームをつかっってフィユ・ドートンヌとモンブランを贅沢に2種を作って お持ち帰りいただきました。

甘栗からつくる自家製マロンペースト!レシピ・作り方

おすすめ


著書Book

20冊の本を書かせていただきました。

Contact

料理研究家 熊谷真由美
↓メールはこちらより↓

↓お知らせ・クーポン・ポイントカード↓
友だち追加

新浦安のお料理教室ラクレムデクレム

新浦安のお料理教室ラクレムデクレム

新浦安のお料理教室ラクレムデクレム

新浦安のお菓子教室ラクレムデクレム