ppppp

美味しそうに盛り付けるには法則にそうだけ おもてなし料理の盛り付けのゴールデンルール

料理教室ラクレムデクレム|東京ベイ新浦安

どんな お皿でも綺麗に盛り付けができる秘訣とは?

クレム

綺麗に盛り付けできません。
プロはなぜ、どんなお皿でも綺麗に盛り付けできるのでしょう? 秘訣があれば知りたいです!

  盛り付けのゴールデンルールとは?

ryno-img2
熊まゆ先生

センスがある?いえいえ、 ゴールデンルールを守っているから。 ラクレムデクレム
お料理教室
では、●マンツーマンで添削方式で盛り付けアドヴァイス● をレッスン時にしております!!
プロの料理研究家 直伝!だから必ず、 おうちで出来る!と好評です!!

無料メール講座
●●●メール【盛り付け】7回講座●●● ふだんと、お客様にお出しする来客用のおもてなし料理出の大きな違いは、実は、【盛り付け】がポイントです。ラクレムデクレムのレッスンでは毎回マンツーマン指導しておりますが、同じ内容で盛り付けが見違える、プロの技を7回でレッスンします。ぜひご登録ください。
Eメールアドレス *
お名前(姓) *
* 必須項目
おもてなしを演出する盛り付けの基本とアイディア。
盛り付け6つのコツ
ゴールデンルール

これにあ・て・は・め・る・だ・けで完成!

盛り付けは
センスではありません。秘訣はたった一つ。
ゴールデンルール

を守るだけ。 ________
美味しそうに、綺麗に盛り付ける、
秘密の盛り付けゴールデンルールを
プロは使っています! ________
キレイに美味しそうに見せる、
かなめの盛り付けは
「センスはないから・・」とあきらめていませんか?
実は料理研究家のプロは
盛り付けのゴールデンルールに
あてはめているだけ。

レシピ本や雑誌撮影での大量の料理を
スタイリストさんが用意してくれた、 <
br>はじめてみる食器に盛り付けながら、
ゴールデンルールにそって毎回チェックしているだけ
なんですよ。 そんな魔法のルールは
たった6つのコツでできています。

●盛り付け●




どんなお皿にも合う
=盛り付けのゴールデン ルール=

1)《余白は器のリムを目安に》

リムとは器の上で傾きが変わる外側。最近ではリム皿も流行中ですが、基本リムを余白として開けるとおしゃれに見えます。

>2)《3Dに盛り付け。》

のっぺりしないように、立体的に。深い器は食器の深さ1/3の高さが出ているくらいがグッドバランス。

3)《重心が中央に》

数品載せた時には、全体の重心が偏る落ち着きません。つまり重心とは、色とか量の総合バランスでの安定感のこと。

4)《エアリーに》

ふんわり空気を一緒に軽やかに盛り付け。

5)《陰陽バランス》

丸いものは四角い皿に、四角いものは丸い皿に。バランスがとれます。

手さばき

綺麗に載せていくためには、右手だけで盛るのでなく、左手にスプーンなどをもって、添え手をして、盛りたい部分に【3回で】で載せます。 1回目が土台、2回目が本体、3回目が屋根。土台の1回目で1)?5)を気をつけて盛るのがコツ。
以上が基本になります。

>

おすすめ

人気

  1. 料理教室とお菓子教室熊谷真由美のラクレムデクレム千葉県浦安市
  2. おもてなしの料理教室
  3. 盛り付けの基本のルール 

新浦安のお料理教室ラクレムデクレム

新浦安のお料理教室ラクレムデクレム

新浦安のお料理教室ラクレムデクレム

新浦安のお菓子教室ラクレムデクレム