このエントリーをはてなブックマークに追加
=洋食=

混ぜるの数回で簡単すぎて感動!【飴色玉ねぎ】

特製カレーのために欠かせない飴色玉ねぎ。早く楽して美味しくできる方法にたどり着き、 最近はこの方法です。この作り方だと信じられないほど簡単で時短で成功します。

最初に10分から20分煮てとろけた状態にしてから色をつけると早くて失敗しません。飴色玉ねぎは、 玉ねぎのジャムとかコンフィといわれて【l'oignon confit 】、フレンチでは付け合せにもつかったり、重宝します。

飴色になるまで炒めた飴色玉ねぎ

<< BACK

材料 (200ml分)

玉葱 5個
オリーブオイル 大2
200~400ml

作り方

     
  1. 玉葱を繊維に逆らってスライス。
    point

    玉葱の根っこが右側にくるように切ると繊維に逆らう向きで切れますよ。早くしんなりして、 エキスを外にでやすくするための基本テクです。

  2. 鍋にオリーブオイル、玉ねぎのスライス、 水200ml~400mlをいれて、中火にかけ10~20分煮ます。

  3. 水気がなくなったら、軽く焦げるまで2分ほどほっておいて、 その後鍋の焦げを水大さじ1を垂らして溶かし、とろけた玉ねぎでふく。3回から4回繰り返す。

    point

    水を垂らすと茶色のお焦げがすぐにとれます。この焦げ色が黒くならないうちに絡め取るのが大切。

    飴色になるまで炒めた飴色玉ねぎ



Point

お教室でも昔から実習してもらっていますが、結構ベテラン主婦のみなさんでも、火が強かったりして、 甘味が出る前に焦がして失敗しているのをよく見かけていたので、いろいろ考えました。 このやり方ならどなたも 楽に上手にできて、失敗しにくいかなあと思います。



Memo

玉葱が1個でも10個でも時間的にはあまり変わりません。まとめてつくって冷凍保存すると便利です。

難易度 レシピ難易度 簡単

準備 調理 合計

熊谷真由美 料理研究家 【製作&レシピ】



こちらで、お料理レッスン中です!

毎日使えて!来客にも・・・
いつものレシピがお客様のおもてなしに使える・・・
毎日!来客ほめられレシピなお料理教室→
ラクレムデクレムおもてなし料理教室

こちらでお菓子レッスン中です。

毎日!お祝いレシピなフランス菓子教室→
お誕生日を手作りでお祝いしたい方のためのお菓子教室|個人 東京ベイ(千葉県浦安市)

このエントリーをはてなブックマークに追加

  1. 熊谷真由美のラクレムデクレム
  2. 料理研究家のレシピINDEX
  3. 基本の飴色玉ねぎ