本格!シブストクリームCrème Chiboust レシピ・作り方

おもてなし料理教室 1日体験 随時受付中

1日体験レッスン

最新ブログ・会員サイト

レシピサイト料理研究家 熊谷真由美

ご案内案内

人気のお菓子教室研究家クラス

では、レシピをご覧ください。

フランス菓子

本格!シブストクリームCrème Chiboust

シブストクリームCrème Chiboust。

カスタードクリームにゼラチンとイタリアンメレンゲを加えた、 フランスではおなじみのカスタード系のクリーム。

カスタードよりも保形性が高く、絞ったりが自由なシブストクリーム。タルトシブストやサントノレの定番の使い方だけでなく、 最近パリのお菓子にいろいろ使われているのを知って、改めて古典クリームの底力を再認識。大事にしたいクリームです。

カスタードクリームのムースのようなイメージのシブストクリーム。 タルトシブストやサントノレでお馴染みの昔の有名パティシエの名前がついたクリームです。イタリアンメレンゲが決めて。


HP楽天レシピで第一位獲得レシピ。

生徒数のべ1万人、著書20冊のフランス菓子研究家であり製菓衛生師 熊谷真由美がおすすめする、東京駅から20分 JR新浦安駅すぐのお菓子教室ラクレムデクレムでも大人気レシピをご紹介します。

本格!シブストクリームCrème Chiboust レシピ・作り方

<< BACK

材料 (500ml分)

●カスタードクリーム●
卵黄 2個
牛乳 200ml
グラニュー糖 30g
薄力粉 30g
ラム酒 大1
板ゼラチン 6g
●イタリアンメレンゲ●
大2
卵白 1個
グラニュー糖 60g

作り方

  • STEP 1

    カスタードクリーム
  • STEP 2

    ゼラチンをいれる
  • STEP 3

    イタリアンメレンゲ
  • STEP 4

    カスタードとイタメレをあわる
     
  1. ●カスタードクリーム●卵黄にグラニュー糖半量を白くなるまですり混ぜ、 薄力粉を混ぜる。温めた牛乳を加え、鍋に戻して炊く。をつくる。最後にふやかしたゼラチン・ラム酒を加える。
  2. ●イタリアンメレンゲ●グラニュー糖と水を小鍋にいれて中火にかけ、117℃まで加熱し、シロップをつくる。
    point

    117℃とは冷水に滴をたらしたときに、手で丸められるかたさ。

  3. シロップの準備と同時に、卵白を泡立て器で泡立て始める。角が立ったら117℃のシロップを加え泡立てる。人肌まで冷めればイタリアンメレンゲの出来上がり。
    Point

    熱いのでやけどに注意。

  4. 1に3のイタリアンメレンゲを少量をよく混ぜ合わせる。これを残りのイタリアンメレンゲに加え、 泡を消さないようにゴムべらでふんわりと混ぜる。シブストクリームの完成!


本格!シブストクリームCrème Chiboust レシピ・作り方

難易度 中級

準備 調理 合計


【調理&レシピ製作】

このレシピを書いた人

料理研究家 熊谷真由美の顔
FOLLOW ME


いかかでしたでしょうか?
写真のようなシブストクリームを美味しくつくることができましたか?

このシブストクリームは、上手に混ぜられると、クリームのまめらかさとコクがとても美味しいでね。是非レシピをご覧になって挑戦してみてくださいね。

見出し見出し

上手にシブストクリームが作れなかった方は必見!

シブストクリームの作り方を丁寧に解説させていただきました。
レシピをご覧になって実際につくってみたけれど、 なんか同じようにできなかったという方もいらしゃるのではないでしょうか?





ではなぜ、同じようにつくることができなかったのでしょうか?

こういうお菓子は合わせるタイミングや混ぜ方がポイントなんですね。


それは、《良いレシピ》と《正しい調理作業》の両方が合わさって、美味しいシブストクリームをつくることができるからです。
多くの方はレシピを見て作るときに、レシピを読みながら首っ引きでつくっています。


もしかしたら、これを読んでるあなたも、そんな一人かもしれません。


そんなあなたには、 一度ラクレムデクレムお菓子教室 の一日体験を受講されることをおすすめします。

1日体験に参加されることで《正しい調理作業》が理解していただけるかと思います。

その結果、同じレシピでもよりおいしく作れるようになるかと思います。

また、ラクレムデクレムお菓子教室にはこのようなメリットがあります。





  • ひとりでつくるよりも、コスパもよく、きれいにしあがります。
  • レシピの行間を読んで作れるようになるので、良いレシピならば、お店のようにおいしく作れるようになる。
  • 調理の流れを理解してつくるようになるので、段取りがよくなる。
  • 食べてもらうことに自信がもてる。
  • 体に悪いものをメディアに惑わされずに判断できる。
  • 調理中の味の変化(作業中の状態)を確認しながら進むので、実際の調理で迷わない。
  • 正しい状態、失敗している状態が理解できるので、失敗しないで一回で美味しくつくれるようになる。

《良いレシピ》に《正しい調理作業》をあわせることによって

今までの「お菓子づくりが苦手」、「手作りお菓子は下手でいい」を卒業。どんなお菓子を作ってもおいしくつくれるようになり、周りの方から《お菓子上手》 に思われ、自然と周りに人があつまってきます。

《また作ってほしい!》と大切な人から頻繁に言われることが多くなるでしょう。

大切な人の心をぎゅっと掴み
美味しい楽しいおもてなしの時間
Temps*Convivial

を過ごせるようになります。



今まで通り、レシピ検索でレシピを探して、行き当たりばったりのお菓子づくりをして、大切な時間とお金や健康に無頓着でいることに抵抗のない方は ラクレムデクレムお菓子教室に参加しなくてもいいと思いますが、

本気で《料理上手》《お菓子上手》を目指す方は、是非1日体験を受講されてみてくださいね。
毎日!お祝いレシピなフランス菓子教室→
お誕生日を手作りでお祝いしたい方のためのお菓子教室|個人 東京ベイ(千葉県浦安市)


シブストクリームよく頂く質問

イタリアンメレンゲとあわせたら、つぶつぶができました。
かスタートクリームにはゼラチンもはいっているので、温度が低くなるとつぶができやすいですね。その場合はカスタードを湯煎にかけて なめらかになってから混ぜましょう。

フランス菓子教室
Lesson Photo
おもてなし料理 教室
Lesson Photo

ほうれん草のキッシュ

キッシュQuiche

えっ?簡単!1位

ほうれん草のキッシュ

おもてなし料理教室
ラクレムデクレム

レッスンお献立!


このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天レシピ
人気ランキング
1位獲得レシピ

楽天レシピ 初代アンバサダー就任《料理研究家 熊谷真由美》

数々の レシピが皆に愛され、人気ランキング1位を獲得しました。ありがとうございました。

新浦安のお料理教室ラクレムデクレム

新浦安のお料理教室ラクレムデクレム

新浦安のお菓子教室ラクレムデクレム