このエントリーをはてなブックマークに追加
= フランス料理=

すごい!のびーる♪【アリゴ】チーズマッシュポテト

おもちのように伸びるアリゴ、バター・生クリームを使わない、普通のチーズでめちゃくちゃのびるように研究を重ねた、とっておきレシピ。NHK Rの法則で紹介しました。

フランスはオーベルニュ*地方の郷土料理。本来はライオールやカンタルの若いチーズ*、トムでつくります。 研究を重ね、バター・牛乳なし・トムを使わないでも確実にものすごく伸びるように、また味はフランスで食べるのとほぼ同じになるように、またものすごく簡単に、 レシピ開発した類をみない完全オリジナルです。

のびるマッシュポテト

<< BACK

材料 (4人分)

じゃがいも 正味100g
にんにくすりおろし 1片
牛乳 75ml~100ml
塩 こしょう 少々
ピザ用チーズ・・のびるタイプ 140g
水溶き片栗粉用片栗粉 大2
水溶き片栗粉用 水 大2

作り方

     
  1. じゃがいもは皮をむいて4分の1に切り水にさらす。ヒタヒタの水を鍋に加え水から茹でる。 すっと竹ぐしがすっと刺さるよぅになったら水を捨て、粉ふき芋にする。ザルで裏ごす。

  2. 鍋に①をもどし、にんにくすりおろし・塩・こしょう・牛乳を加え、中火で加熱しながら、なめらかに混ぜる。


  3. 水溶き片栗粉をいれてよく混ぜ、沸騰したら、チーズを加え、中火に1分かけて、力をこめてよく練り、完成!
    いただく際はフランス風演出で

    びろ~~ んと1メートルほどヘラで伸ばして、皆の歓声をうけてからいただく。

Point

できたてが一番のびる。冷めたら、レンジ・湯煎であたためると戻りますよ。

Memo

本来のアリゴは、フランスでもトムというチーズだけでつくり、ビストロなどで客席でビローンとのばしてお客さんをわかせてくれます。 フランスではパテやソーセージの付け合せですが、スーパーでレトルト品もみかけるくらい、ポピュラーなお料理です。

難易度 レシピ難易度 簡単

準備 調理 合計

大切な人の心をぎゅっと掴み
美味しい楽しいおもてなしの時間
Temps*Convivialをすごすための
【調理&レシピ製作】



こちらで、お料理レッスン中です!

毎日の料理が楽しくなって、来客が待ち遠しくなる・・・
いつものレシピがお客様のおもてなしに使える・・・
毎日!来客レシピなお料理教室→
ラクレムデクレムおもてなし料理教室

こちらでお菓子レッスン中です。

毎日!お祝いレシピなフランス菓子教室→
お誕生日を手作りでお祝いしたい方のためのお菓子教室|個人 東京ベイ(千葉県浦安市)

このエントリーをはてなブックマークに追加

  1. 料理教室とお菓子教室熊谷真由美のラクレムデクレム千葉県浦安市
  2. 料理研究家のレシピINDEX
  3. のびるマッシュポテト!アリゴ

新浦安のお料理教室ラクレムデクレム

新浦安のお料理教室ラクレムデクレム

新浦安のお菓子教室ラクレムデクレム