リケジョだから思うこと

トランス脂肪酸とビスフェノールA

Mayumi Kumagai
として、

化学を学んだから化学物質を口にしたくない

化学を専門に学び、研究所に勤務すること5年。実験で 苺の香りを試験管で合成したりしました。

だから試験官でつくったものを口に入れたくないってずっと思っています。

食品の裏をみれば・・・化学者であっても不明な化学物質がずらりとならんでいます。 食品添加物です。調べてみると・・・年々消費者に不明なように表示をしているということもわかり、益々 自分の身を自分で守りたいと思うようになりました。 知っている人から聞いてしっておくだけでも全然違うと思います。

あえてそういう世間では目をつむっている情報に 触れてみたいと思います。

このページのまとめ

  1. トランス脂肪酸(マーガリンやショートニング)はまだまだ市販のパンやお菓子にいっぱい入っている。
  2. 缶詰の多食やラップ・ビニール袋・プラスチック容器での調理は避けよう。


ほんとうの健康情報が
拡散されない理由とは・・・


あなたの健康気づかい本気度・・・チェック

これと料理との関係を述べられますか???

  1. トランス脂肪酸
  2. ビスフェノールA
スノーマン


≪誰でも最初から失敗しないで上手にできる≫ 、 フォトジェニックな
美味しいおもてなし料理教室
ラクレムデクレムは・・・ただのおもてなし料理教室ではなかったのですね。

スノーマン

でも・・・これってモロ。。化学ですよね。わかりません!!

熊まゆ先生

いきなり驚かせてごめんなさいね。このページにたどり着いた方にはどうしても 知っておいていただきたくて・・・。
これらは今業界では問題になっている食品添加物などですよ。

スノーマン

でも、聞いたこともないですよ!!!!知らなくてもいいんじゃないですか?
テレビでやっている健康になる食品をとれば。。。。


熊まゆ先生

では。。気になってしまっていると思うので手短に正解を !!

熊まゆ先生

トランス脂肪酸 25年前に健康被害が確認され、ヨーロッパやアメリカではすでに販売禁止!! 日本ではやっとやっと・・・最近《減らす方向に!》販売すらされない国が25年前からあるのに・・。 ・・水素添加してつくられた人工油脂、ショートニングやマーガリンの主成分ですね。バターの方がまだ自然食品です。 市販のお菓子やパン、 外食や中食品にはまだまだ多く使われています。 (だって安くてみんなの好きな味にできるんです!コスパよすぎて止められないですよねえ・・・) だから手作りお菓子が安全ですよ。

熊まゆ先生

ビスフェノールA生殖系に影響を及ぼす、環境ホルモンがでる化学物質。 フランスでは禁止になっています。プラスチックの食器・ 缶詰の内側やビニール袋・レシートや食品ラベルの感熱紙からでると言われています。缶詰料理を頻繁に食べたり、袋ごとお鍋で煮たり、レンジにかけるのは避けたいもの。フランスでは朝のテレビで《食品は購入後、ガラス容器に 移し替えましょう》と放映されていました。《鍋で袋ごと茹でましょう》とすすめる日本とは正反対ですね。 ビスフェノールAに限らず、そもそもプラスチックには主要材料をつくるために添加物をいれるのですが、この添加物からでる毒性がすごくあいまいなんですよ。 食品ラップの会社のHPとかもみても上手に《触れないように》説明されています。

熊まゆ先生

ほかにもあるのですが・・冒頭ですので・・・これくらいで!! 以上レポーター リケジョ料理研究家でした!

スノーマン

うわ。。もっと詳しく聞きたくなりました!!!!でもどうして世間では教えないの?

熊まゆ先生

日本は企業の経済を奨励しているので、水を差すようなことは控えるの。情報を知っている自分たちは とっくの昔から食べないようにしていても。テレビはスポンサー商品のことは言えないんです。だから私たちには知りたくても情報が入ってこないんです。 そういうこともラクレムデクレムは詳しいので、随時情報提供中です。最近では漢方のプロフェショナルにもなったので、薬膳情報と合わせて・・・最強情報をお届けしています!

東京ベイおもてなし料理教室 熊谷真由美のラクレムデクレム

  1. 新浦安の料理教室とお菓子教室*熊谷真由美のラクレムデクレム
  2. 料理研究家の料理教室のレシピ
  3. 料理研究家の料理教室の基礎知識
  4. 避けたい食品中のケミカル