このエントリーをはてなブックマークに追加
=フランス料理=

簡単!本格フレンチ【砂肝のコンフィ】

パリの味!作り続けて早20年。砂肝のコンフィはパリではサラダに混ざっていたり、 スーパーで買うことができる、身近かなフレンチのお惣菜。ワインにあうので、 お客様から必ず催促されます。パーティで毎回つくっています。時間はかかるけれど、 簡単な保存食なので、手間はかかりません。砂肝は漢方薬 鶏内金としてもお馴染みです。楽天レシピ砂肝コンフィで一位のレシピ。

コンフィとは低温を保ちながら動物の脂で長時間ゆっくりと煮るフランス料理の調理方法。 サラダ油、ショートニングは不可。 肉が柔らかくならないといわれています。本来は自分の脂で煮込むのですが、日本では手に入りやすいラードで代用。

砂肝のコンフィ

<< BACK

材料 (20人分)

砂肝 600g
大1
こしょう 小1/3
ラード 500g以上

作り方

     
  1. 砂肝に塩こしょうを加えて 、ジップロックに入れてよく揉み冷蔵庫で4時間~一晩つける。
  2. 水気をペーパータオルケットで完全にふく。 ひとつを3つに切る。


  3. 鍋にラード、砂肝をいれ中火にかける。沸騰したら火を止めしばらく放置。 これを繰り返し、85~90℃を保ちながら3時間~5時間ラードでゆっくり煮る。
    point

    *電磁調理器具があれば楽。


  4. 柔らかくなれば火を止めて、そのまま冷ます。

  5. *保存する場合は砂肝を保存容器に入れてラードを砂肝がかぶるまで注ぐ

Point

*いただくときはラードごと湯煎にかけて温める。熱いうちに砂肝を取り出す。 プロの砂肝のコンフィ プロの砂肝のコンフィ

Memo

●コンフィ●カスレにはいる鴨のコンフィもこのようにして作ります。肉の保存食。まとめてつくっても手間は同じ。冷凍保存も可能です。 また、 冷えたあと、ラードの下にゼラチン質の煮こごりがたまる。これはスープのもと。煮物などブイヨンとして使える。

難易度 レシピ難易度 簡単

準備 調理 合計

大切な人の心をぎゅっと掴み
美味しい楽しいおもてなしの時間
Temps*Convivialをすごすための
【調理&レシピ製作】



関連レシピ!

  • sample1

  • sample2

  • sample3

  • sample4

  • sample5

このエントリーをはてなブックマークに追加

  1. 熊谷真由美のラクレムデクレム
  2. 料理研究家のレシピINDEX
  3. プロの砂肝のコンフィの作り方

新浦安のお料理教室ラクレムデクレム

新浦安のお料理教室ラクレムデクレム

新浦安のお菓子教室ラクレムデクレム